会社沿革

明治44年 初代山本晴治、大阪市内で眼鏡レンズ加工業山本レンズ製作所設立。
昭和10年 大阪市内より現本社所在地東大阪市に工場新築移転。合名会社組織として総合的に防塵眼鏡並びにレンズの製作を開始。
昭和16年 戦時体制となり、軍需下請け工場として軍納品防塵眼鏡及び航空眼鏡を製作。
昭和22年 株式会社に組織を変更。
保護眼鏡・しゃ光眼鏡の製造を再開。
昭和28年 防衛庁指定工場となり、航空眼鏡・防塵眼鏡・しゃ光眼鏡等を納入
昭和30年 しゃ光保護具のJIS表示許可取得。
会社商号を山本防塵眼鏡株式会社と変更。
プラスチック成型による日本最初のサングラスフレームの開発に成功。
東京上野に東京営業所を設置。
昭和36年 サングラスのJIS表示許可取得。
昭和39年 日本最初の強化レンズ入りサングラス・テンパーグラス発売。
昭和44年 淡路島東浦町に工場設置。
昭和46年 日本板硝子(株)とハイドロンレンズを独占契約。
防曇スキーゴーグル・スワンズの販売を開始。
昭和47年 全米安全協会会員に登録される。
米国スポルディングインターナショナルと眼鏡部門における業務提携。
(株)アイヴァンを設立。
昭和51年 超硬レンズペトロイド設備始動。
硬質プラスチック入り保護メガネのJIS表示許可取得。
昭和52年 米国スキー連盟よりスキー用具供給メーカーとして認定される。
昭和53年 全日本スキー連盟よりスキー用具供給メーカーとして認定される。
昭和55年 社名を山本光学株式会社に変更し、CIに取り組む。
70周年記念行事を東京、大阪で行う。
本社ビル竣工。技術研究所竣工。
昭和57年 労働省、労働衛生保護具(防じんマスク)型式検定合検。
昭和60年 山本光学(株)と(株)アイヴァン合併。
資本金9,845万円に増資。
昭和61年 乗車用ヘルメットのJIS表示許可取得。
昭和62年 徳島工場竣工。
平成 2 年 ニューヤマモト80プロジェクトスタート。
平成 3 年 創業80周年記念式典を全社員参加で神戸にて開催。
平成 4 年 徳島工場自動化ライン稼働。
平成 6 年 新しい"山本光学の企業理念"が発表される。
徳島工場が工業標準化実施優良工場として、四国通商産業局長賞を受賞。
平成 8 年 創業85周年記念事業として、スワンズ・スポーツ・ビジョン・センターを東京支店に開設。
サンタクルーズ社とライセンス契約を締結。
平成 9 年 徳島物流センター稼働開始。
ダローズセフティ社と「使い捨て式マスク」の日本独占販売契約を締結。
平成12年 資本金147,672,000円に増資。
平成13年 徳島工場にペトロイド設備導入。
平成14年 資本金176,286,000円に増資。
平成19年 資本金230,886,000円に増資。
平成20年 スワンズコミュニケーションセンター大阪がオープン。
プロゴルファー石川遼選手とサングラス使用契約。
新JIS規格T-841(遮光保護具)、T-8147(保護めがね)認証取得。
平成21年 スワンズコミュニケーションセンター東京がオープン。
平成22年 スワンズコミュニケーションセンター神田小川町がオープン。
北淡工場竣工。
平成23年 代表取締役社長に山本直之が就任。
創業100周年を迎える。
平成25年 JR大阪駅 ALBi内に「SWANS STORE OSAKA」オープン。
平成27年 SWANS STORE 昭島アウトドアヴィレッジ店がオープン。